仮面ライダーおもちゃウェブ

バンダイ公式仮面ライダー玩具情報サイト

更新日:2020年07月16日

仮面ライダー 開発者ブログ

仮面ライダーアマゾンズ

CSMアマゾンズドライバーver.アルファ 発売決定!


皆様こんにちは!フナセンです。

本日いきなり発表になりました!
CSM最新作は、「アマゾンズドライバーver.アルファ」に決定いたしました!!


昨年と同じく、中国・上海で本日より開催されている「CCG EXPO 2020」というイベント合わせでの解禁となりました。
そして奇遇にも、昨年の「CSMアマゾンズドライバー」予約開始日からちょうど1年という日でもありますね。

上海イベントの展示画像はこちら!







昨年末、秋葉原で開催された変身ベルトイベント「THE HENSHIN」にて、参考出展として仁さんバージョンの汚れたアマゾンズドライバーを展示しました。
元々商品化予定は無く、あの時はあくまで展示用に試作を作ったのですが、「商品として発売して欲しい」という声もイベント時に数多く確認していました。
その後試しに、生産工場に「このレベルの汚しを量産することは可能なのか?バラつきはあるとはいえ、ある程度の汚しの質を均一化できるのか?コストはどのくらい掛かるのか?量産期間はどれくらい必要なのか?」などを聞いてみたのですが、工場と共にヒートアップしていき(新しいことへの挑戦は、技術者達は得てして加熱します)、上記の点を1個1個を相談していき、工場での塗装試作を複数回行い、調整し、「これ量産に挑戦してみませんか!!」の域まで達したため、「参考出展からの商品化第2弾」として、今回商品化決定に至りました。

イクサベルト予約終了したての発表で、早いよ!という方もいらっしゃると思いますが、キバットベルトを昨年のイベント合わせ発表まで待った結果、発表からお届けまでの間隔が約3か月くらいまで狭まってしまったのを、その後のギャレンバックル・イクサベルトの受注タイミング~お届けタイミングをちょっとずつ調整してきて、今回からようやく受注後約5か月後のお届け、というサイクルに戻せるところまできたため、上海イベントとも絡めてこのタイミングでの発表となりました。


ver.アルファとは、「仁さん仕様の汚し塗装」・「アルファのみの音声仕様」になります。
もちろん、オメガ・シグマ関連の音声はございません。
谷口さんのツイートもありましたように、一部新録音声などをし、鷹山仁に特化した内容になります。
(詳しい内容は7/28をお待ちください。)



既にに前回商品を複数購入され、汚し塗装を個人的に施された方の存在も、SNSで確認しています。
その方にとっては、この商品化は手放しに喜べるものでは無いかもしれませんが、ただお伝えしたいのは、このver.アルファも厳密に仁さんのプロップを完全に再現できているわけではなく、あくまで「工場にとって、大量生産する上で可能な手法で汚し塗装をしている」という事です。
1個1個が異なる汚しになりますし、外観はこの商品が(プロップと比較して)正解というわけでも無いと思っています。売る人間がこんなことを言っていいのかわかりませんが。
さらに自分が言える立場かわかりませんが、その自ら塗装した汚し塗装のアマゾンズドライバーは、世界でひとつしか無い、その方自身の (仁さんベルト的に言うと)戦いの軌跡のベルトであると思います。(塗装を試行錯誤した、戦いという意味です。)
どうか引き続き大切にして頂き、今回の商品も、仕様面でどこか気に入って頂ける点があれば、ご購入を検討頂ければ幸いです。

最後に、上記でも触れましたが、このレベルの汚し塗装をベルト全体に施した場合、1個1個を職人が汚し塗装するため、塗装工程数の量と手間が尋常ではなく、1日に生産できる量も通常のCSMの1/4ほどとなってしまい、かなりの時間を要します。
あらゆる方向でコストと手間とが掛かり、正直いって大量生産品には不向きな商品なのですが、このCSMシリーズは新しいことにチャレンジしていくこともひとつの価値として見出しているため、商品化を決めました。
そして今回は上記理由でコスト面で非常に不利な状況の中、商品価格をかなり頑張って抑え、相当な企業努力価格にしていますのでご期待ください。
(これは事前に声を大にして言っておきたい部分です。)
また、ちょっとしたサプライズも用意しています!
7/28の詳細公開をお待ちください。

本日のブログは以上です。
次回更新日ですが、来週分を本日に前倒ししましたため、来週はお休みしまして再来週の7/28(火)です。
つまり、アマゾンズドライバーver.アルファの詳細発表&予約受付開始日の更新となります。

それでは!
友達に共有する

関連トピックス