仮面ライダーおもちゃウェブ

バンダイ公式仮面ライダー玩具情報サイト

更新日:2017年10月23日

仮面ライダー 開発者ブログ

仮面ライダーファイズ

CSMカイザギアの究極ポイント 第7回 カイザブレイガン・ガンモード編

皆様こんにちは、フナセンです。

この週末はひどい台風でしたが、みなさまご無事であることを願っております。
そんな中、変身パッドこと神の恵みをありがたく受け取れええええええええええぇぇぇぇた方も多いかと存じます。どうか末永くお楽しみ頂けますと幸いです。
変神パッドに入っていなかったあの台詞とかアノ台詞とかは、「メモリアルガシャット」にご期待下さい!



それでは、本日のCSMカイザギアについての更新ですが、お待たせしました!いよいよ「カイザブレイガン」の紹介です!
本日は、「ガンモード」の仕様を説明致します。



●音声は、劇中準拠の音声に完全変更
まず大前提のお話になりますが、カイザブレイガンの音声内容はすべて、劇中の演出に合わせて構築しております。
DXカイザブレイガンをお持ちの方はお分かりだと思いますが、DX版と本編のSEはほぼ全て異なっておりました。
ミッションメモリーを挿し込んだ後の待機音も、番組ではDXファイズエッジと同じ音声が使われておりましたので、CSM版はそこも含めて完全に番組演出合わせに変更しております。



●コッキングレバーの可動による「バーストモード」
ブレードパーツとミッションメモリーを挿し込んでいない状態がガンモードとなります。
この状態でトリガーを引くと、通常の「銃撃音」が鳴ります。
そしてガンモード状態でコッキングレバーを引き、再度押し込むと、第13話に登場した「バーストモード」になります。


コッキングレバーの可動仕様は下記の通りです。



DX版のレバーは引いて離すと自動で戻りましたが、CSM版では番組演出の再現のため、引くとカチッとロックされて、再度手動で押し戻すか、トリガーを引くと連動してレバーが自動で戻る仕様になっております。

手動で押し戻す演出は、前述の「バーストモード」のときにございました。
バーストモードになった直後にトリガーを引くと、劇中同様に連射音が鳴り、最後にオルフェノク灰化音が鳴るようにしております。


また、レバーを引いた後にトリガーを押すと自動で戻るという方の仕様ですが、こちらは来週ご紹介する「ブレードモードでのカイザスラッシュ」の演出に必要ですね。こちらについては来週詳しく説明致します。

ちなみにトリガー操作でレバーが戻るという、カイザスラッシュの演出再現を優先したため、その構造上、12話で演出された「コッキングレバーを引いた状態のまま、トリガーを引いて銃攻撃をする」ということは再現出来ません。予めご了承ください。



●DX版にあった、赤いボタンについて
トリガーの近くに、赤いボタン状の突起がございます。上記画像の、トリガー部分すぐ右にある部分です。こちらはDX版ではボタンとしての機能があり、トリガーを押すのと同じ効果を果たしておりましたが、番組で「ここを押す」という演出は見られませんでしたので、今回はオミットしております。
ブレードモードで斬撃音を鳴らす際も、基本はトリガー操作1本になります。




本日のブログは以上になります。
次回更新は10月30日(月)です。

それではまた!
友達に共有する

関連トピックス