スーパー戦隊おもちゃウェブ

バンダイ公式スーパー戦隊玩具情報サイト

更新日:2020年02月28日

スーパー戦隊 開発ブログ

リュウソウジャー

戦隊ブログvol.116 ありがとう。騎士竜戦隊リュウソウジャー

こんにちは、スーパー戦隊玩具開発担当者です。

いきなりティラミーゴからのスタートでしたが、
明後日3月1日は遂に騎士竜戦隊リュウソウジャー 最終回です。
はやい!本当に本当にあっという間の1年間でした。

マスターから騎士の魂を引き継ぎ、リュウソウジャーとして立ち上がったコウたち。
様々な出会いや試練を経て成長し、先日の第47話で見せた騎士としての覚悟には胸を打たれましたよね!
果たしてどのような決着を迎えるのか…私もソワソワしています…!
(個人的には、ついに6人全員が強竜装&マックスチェンジで並んだ姿が最高にテンション上がりました!)

来週の3月8日には新番組・魔進戦隊キラメイジャーが始動いたしますが、本日はその前に!「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の玩具たちをドドンっと振り返りたいと思います!
最後にはケボーンな新情報もあるかも!?それでは早速お見せしていきましょう。

さて、なんと言ってもリュウソウジャーに欠かせないのは 【DXリュウソウケン】
作中でも1年間を通じて活躍し続けましたが、玩具としても『全リュウソウルの個別認識』を盛り込み、順に展開するリュウソウルで遊び続けていただけるアイテムになっていました。

リュウソウルとの連動以外にも、『ガブガブアクション』、『2種の音(BGMと合いの手セリフ)を同時に鳴らせるICチップ』、『3つのLED搭載』など、実はなかなかハイスペックなアイテムに仕上がっています。

ちなみに、ガブガブギミックを続けると、数回に1度『げっぷ』する、演出はご存じでしょうか?これは作中では描かれない玩具オリジナルの遊びですが、こうした細かいところまで、こだわりを持って制作しています!

リュウソウル』も、ソウルモードからナイトモードへの一発変形や、裏返すとロボの顔になるギミックなど、それ単体でも楽しんでいただけるように…というこだわりを込めたアイテムです。
作中に登場したリュウソウルは約40種ほどありますが、それぞれデザインを変え、コレクション性も追求しました。



皆様はいくつのリュウソウルをお持ちでしょうか。たくさん集めていただけましたか??
メルトはノビソウル、バンバはカタソウル…など、各キャラが好んで使う種類もあり、こうやって並べると各リュウソウルを使ったバトルシーンが浮かんできますね。

そして物語が進む中で 【DXガイソーケン】 【DXリュウソウカリバー】 が増え、3種類の剣が集まりました。

後発のガイソーケン、リュウソウカリバーも、リュウソウケン同様にリュウソウルを個別認識するだけでなく、遊び方や発動音声の内容もそれぞれ異なります!
モチーフは同じ“剣”ですが、それぞれのアイテムでしっかりと遊んでいただけるようにこだわりました。


そしてリュウソウジャーと共に歩み戦ってきた騎士竜シリーズにも、それぞれの個性と魅力がありました!






騎士竜シリーズといえば、リュウソウジョイントという独自開発のパーツにより、自由自在の合体ができるのが最大の魅力です。

合体させるときの「カチッ」という手応えや、合体の保持力をキープしつつ付け外しやすい構造など、このギミックを実現するに当たっては構想段階から半年以上の時間をかけて検証を繰り返しました…。

ジョイントの凸凹さえ合えば、どこでも取り付けられるリュウソウジョイントによって、合体遊びのバリエーションは無限大に進化!

このようなユニークものから…

武装モリモリのカッコいいものまで!
思い思いの騎士竜を作って遊んでいただいたのではないかと思います。

こうした組み換え遊びは、番組が終わっても皆様のイマジネーションが尽きない限りずっと遊び続けていただけるハズ!これからも楽しんでください!


騎士竜が変形合体した、 【DXキシリュウオー】 【DXキシリュウネプチューン】   【DXヨクリュウオー】 の並びはまさに圧巻の一言。

1号ロボ DXキシリュウオーは、ティラミーゴからロボへ変わるプロセスのダイナミックさを。
2号ロボ DXキシリュウネプチューンは、圧倒的な全長のモサレックスと、リュウソウルを飲み込んで変形するインパクトを。
3号ロボ DXヨクリュウオーはクリアパーツを美麗さを…、という形で、全てのロボに違ったこだわりを持って制作しました。

その全てが一つになったキングキシリュウオーは、作中でも陸海空の力が一つに集まった最強形態として圧倒的なパワーを見せつけましたね!ぜひ皆様にも作っていただきたいです。

最後に余談ですが、この1年間いつ玩具売場に足を運んでも、騎士竜シリーズの見本で遊ぶ子供たち一人一人がオリジナリティ満載のロボを組み立てて楽しんでくださっていて、その光景を見るのが私の小さな幸せになっていました。

今まで騎士竜戦隊リュウソウジャーの玩具を楽しみにしていただいていた方、遊んでいただいた方々には
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

それでは本日はここまでとさせていただきます。
本日もご覧いただきましてありがとうございました!


最後まで読んでくださった皆様に朗報!
最終回放送日の翌日3月2日(月)、何かが起こる…!?

ソウルを一つにして…ご期待ください!
次回の更新は3月6日(金)を予定しております。

※記事内の画像は、開発途中のサンプルを撮影したイメージです。実際の製品とは異なる場合がございますのでご了承ください。
※各発売予定等は予告なく変更になる場合がございます。

(C)東映
(C)2020 テレビ朝日・東映AG・東映
友達に共有する

関連トピックス