BANDAITOYS

更新日:2019年10月21日

仮面ライダー 開発者ブログ

仮面ライダー

仮面ライダーアマゾンズ

仮面ライダーゼロワン

バンダイ タイ工場に行ってみた。


みなさんこんにちは、フナセンです。

私、昨日まで1週間ほど、タイにあるバンダイの生産工場会社「BANDAI NAMCO THAILAND」に出張しておりました。
アマゾンズドライバーの生産を目前に控え、仕上げ作業で直接のコメントを行うためです。

ということで本日は、 「バンダイ タイ工場に行ってみた。」 として、簡単にレポートしたいと思います。

日本から飛行機で約6時間、空港から約2時間のところに、「BANDAI NAMCO THAILAND」が立地しています。


こちらは、 30年近くに渡り、スーパー戦隊のDXロボットを中心に金型作成~生産を行ってきました。
メインオフィスの入り口には、生産した歴代のロボットたちが・・・!

最近のロボから


昔のロボットまで!!


タイ生産の最初期、 大獣神 が!!

日差しの強い太陽によって、だいぶ日焼けしちゃっています。


ライダーのDX玩具も生産していますが、CSMではこの2つ。


「CSM Vバックル&ドラグバイザー」
「CSMブレイバックル&ラウズアブゾーバー&ブレイラウザー」

も生産しています!


生産現場については社外秘ですので詳しい写真は載せられませんが、ちょうどいま、この商品を生産しておりました。
ヤバイベルトがヤバイ数です。滅亡迅雷の本拠地はタイにありました。嘘です。


さて、メインのCSMアマゾンズドライバーの確認としては、成型色・塗装色・塗装範囲・外観精度・動作感触などなどです。

発光LEDを透過させる「目」の部分は、色の濃度を10%ずつ変更したたくさんの成型色を試し、もっともLEDの点光源が見えず、またもっとも発光具合がよく、未発光のときによい色になっているものを、たくさんトライして選定してきました。


左右で違う色を入れて、発光の検証中の写真です。


ダイキャストの成型ランナー品を確認。組み立て済みの玩具も、ガンプラみたいにこのようなランナーがついています。それを切って組み立てていくのです。これはめちゃ重かったです。


職人により磨かれる金型。数十年の技術を持つ職人たちの匠の業によって、金型は作られていきます。

来月からいよいよ生産が始まり、12月のお届けです。引き続き楽しみにお待ちください!!


さて、今週末は仮面ライダーゼロワンから下記商品が発売!
「DXプログライズキーコネクタ&アメイジングヘラクレスプログライズキー」!



イズちゃんが使っていたプログライズキーコネクタと、滅亡迅雷のヤバイ奴が持っているアメイジングヘラクレスのよくばりセット。キーコネクタは縦積みなので場所をとらずにおけるため、プログライズキーの収集に便利です!

そして
「DXブレイキングマンモス&ブレイキングマンモスプログライズキー」!!


来週登場する、更にヤバイ奴!巨大なボディでありながら、別ロボでは無くゼロワンのフォームの1つであります。鎧武のスイカアームズに近い立ち位置かと。 それに変身するためのプログライズキーが同梱されていますので、キーを収集されている皆様もお忘れなく!

本日のブログは以上です。
次回は来週10/28(月)の更新となります。
それでは!
友達に共有する

関連トピックス