BANDAITOYS

更新日:2020年03月05日

スーパー戦隊 開発ブログ

スーパー戦隊

リュウソウジャー

戦隊ブログvol.117 これぞ真のリュウソウケン!MEMORIAL EDITION徹底解説


こんにちは!スーパー戦隊玩具開発担当者です。

先週末の更新ラストでチラ出ししておりましたが…
ついに出ました、大人サイズリュウソウケン!!!! 



ということで、去る3月2日(月)11時より、「リュウソウケン –MEMORIAL EDITION-」の商品予約が受付開始しております!

「騎士竜戦隊リュウソウジャー」のTVシリーズ完結を記念したこのアイテム。
コウたち6人が辿り着いたクライマックスのテンションそのままに、戦隊史上初&最強な仕様盛りだくさんで生まれ変わったリュウソウケンについて、思いの丈をお伝えすべく緊急更新させていただきました。
商品ページには載せきれない仕様情報や裏話てんこ盛りでお送りします!


■”大人版リュウソウケン” 誕生秘話
今回のように戦隊シリーズの武器が大人サイズで商品化されるのはかなり珍しいことですよね。
特に、リュウソウケンのような刀身が長い類の剣は初めてと言ってもよいのではないでしょうか?



この『大人サイズ戦隊武器』、実は数年前から温めていた企画でして、過去作のモチーフも含め検討を繰り返しておりました。
このように大型かつ刀身が細長いアイテムは、安全性・耐久性の観点からお子様向け(対象年齢3歳以上)の商品としては成立し辛い仕様です。
大人向け(対象年齢15歳以上)で展開する上でも、生産用の金型が大きくなりすぎるため、生産できる工場が限られたり、成型の難易度が高かったり…と懸念事項は多岐に渡ります。

そのため実際の商品化までにはとても長い期間を要しましたが、今回「リュウソウケン」で悲願を叶えることができました。
この企画が成立したのは、かねてから『DXよりも大きいリュウソウケンが欲しい』というご要望が多く寄せられていたことや、先の「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー –VS MEMORIAL SET-」で多大なるご好評をいただいたことが後押しになっています。

満を持して登場したこのリュウソウケン。
我々としてもどのような反応がいただけるのか非常に楽しみです。
今はただの妄想に過ぎませんが、このフォーマットで一子相伝のディスクを回したりしたい…。百鬼夜行をぶった斬ったりもしたい…。
野望は尽きません。

さて、今回の「リュウソウケン」ですが、仮面ライダーの大人向けなりきり玩具でお馴染みの「COMPLETE SELECTION MODIFICATIONシリーズ」に近い考え方で、『DX版をベースに新規造形パーツを追加し、仕様を進化させたもの』というアプローチになっています。
といっても、DX版の金型を流用しているのは恐竜の顔部分とレッドリュウソウルの一部のみで、剣先、グリップ、各ディティールアップパーツなど、大半が新規造形です。



その結果、元のDX版と比較したときのサイズは180%以上にもなってしまいました…。もはや別物ですね。

サイズについて、商品ページ上では「劇中に近いサイズバランス」という表現を用いておりますが、これは劇中登場するリュウソウケンにも複数のモデルがあり、明確な正解が定義しづらいためです。
その上で、今回の商品に最も近いのは、変身前のコウ達が手に持つときのリュウソウケンになります。

変身後のリュウソウジャーが持っているリュウソウケンも造形面の違いはほぼありませんが、この実物はイメージされるより遥かに大きく、我々が手に持つと逆に違和感が強くなる懸念があります。
そのため、数式で例えるなら「ヒーロー:人間=ヒーローサイズのリュウソウケン:χのような計算で適正なサイズ感を割り出し、今回の設計に落とし込んでいます。

身長約175cmの私が手に取ったときのサイズ感はこんな感じ。



刃を下に向けてグリップを持ったとき、ちょうど剣先が足首に掛かるくらいのボリュームです。


『正義に仕えし気高き魂!』と叫びながら掲げれば、気分はもはやリュウソウジャー。



あえて悪キャラっぽく、床を刃先でなぞりながら歩くのもまた一興。



ちょっと待ってください…いやコレ…、めちゃくちゃ楽しいぞ!?

リュウソウケンは劇中でも変身前から使用するアイテムだけに、パッと手に持つだけでもなりきり度合いが半端ではありません。



リュウソウ世界へ浪漫飛行できる夢のパスポート、それこそまさにこのリュウソウケン!仕えたい!あぁ、正義に仕えたい!!!

手前味噌ながら、彩色試作を手に取ったときの印象は「まさに本物」
サイズ的な満足感も然ることながら、ボリュームUPしたことによる”重量”のインパクトが大きく、『騎士としての使命の重み』さえ感じてしまうほど。(ちょっと言いすぎ?)

この衝撃は手に取ってみていただかないと分からないと思いますが、戦隊ファン、いや特撮ファンならぜひ味わっていただきたいものです!
熱を入れておススメさせていただきます!


■細部のこだわり
ここからは「細かすぎて商品ページに載せきれないトピック」を。
今回のリュウソウケンには細かい穴埋めパーツを多数新造し、各所に必要な「ねじ穴」が極力隠れるように工夫しています
(構造上やむを得ず露出する箇所もございます。ご了承ください)



特に、DX版で刀身の裏側にあった肉抜き部分は、今回のリニューアルでグッと劇中のイメージに近づいたものになりました。



DX版で成型色表現だった下顎部分をはじめ、彩色箇所自体も増量。造形面以外の「本物感」も追求しています。



その他、実は「レッドリュウソウル」にも細かいリニューアルを施しており、ソウルモードで正面にくる「ネジ穴」や、キシリュウオーの顔にあたるパーツの裏側にある肉抜きの凹を、劇中イメージに近づけるべく改善しています。



今後の開発工程の中でも、見映えにはこだわって作って参りますので、仕上がりを楽しみにお待ちください。


■怒涛の音声仕様
商品の外観以外で最も大きなトピックは、なんと言っても音声仕様のボリュームです。
過去の戦隊アイテムですと「戦隊職人 SPライセンス」で6キャラクター分の声を収録したことがありますが、今回はそれをはるかに上回る20キャラクターの音声を収録!



コウ、メルト、アスナ、トワ、バンバに加え、騎士竜やカナロまで欲張って収録してしまいました!

「カナロ、リュウソウケン使わないじゃん!」というお声が挙がりそうな気もしていますが、例えば「騎士竜戦隊、リュウソウジャー!」などの名乗り音声を収録する際には、ちゃんと6人の声を重ねたい!という思いから収録することに決めました。

実際のところ、重ねた叫び声からカナロ成分が聴きとれるかは未知数ですが…。
最終回のキモでもあった「正義に仕えし6本の剣!」の名乗りに、カナロの声が入っていないなんてことは、いちリュウソウファンとして認められないので…頑張らせていただきました。

折角カナロがいるので、名乗りシークエンス音声も「勇猛の騎士」から「栄光の騎士」まで、6人全員の口上込みで収録するつもりです。

セリフ音声の選定についても、全話を振り返りながら印象的なものをピックアップして決め込んでいます。「MEMORIAL EDITION」の名に恥じぬよう、クライマックスまでの内容を踏まえてチョイスしておりますので、こちらもご期待ください!

細かい点ですが、音声の発動方法についてはグリップ部分の目立たない位置に新設した2つのボタンを使用します。



片側がキャラクター選択用で、キャラボイスが鳴らない「通常モード(起動時の初期モード)」を始点に、「コウモード」⇒「メルトモード」⇒……⇒「騎士竜モード」のように遷移していくイメージです。
各キャラでモードを分けることで、なりきるキャラクターを選べることを意図しています。

もう片側はBGMボタンで、本体に内蔵されている3つの主題歌・BGMを順に再生、また特定操作後に曲を発動させるためのプリセットができるようにします。
主題歌はもちろん、BGMも悩みぬいた末、アクションシーンでもっとも使用頻度が高かった2曲をセレクトしました。
この曲が鳴らしてリュウソウケンを構えるだけで気分が高揚します…。

なお、商品にはキャラクターのセリフ音声だけでなく、劇中登場リュウソウルの発動音も内蔵予定です。
絶賛開発中の「VSチェンジャー-MEMORIAL EDITION-」も含めて、いろいろと詳細を伝えたい想いは強いのですが…。
ここから先は、実機で遊んでいただくときのお楽しみとさせてください。



ということで、盛り盛りな収録音声についてでした。
実は、ここからさらに追加情報をお伝えできそうな気配もあり…。
続報にご期待くださいませ!

以上、「リュウソウケン –MEMORIAL EDITION-」について魅力をPRさせていただきました。
商品は数に限りがありますので、くれぐれもご予約はお早めに…。

ということで、今日の更新はここまで!
次回は定例どおり、3月6日(金)に更新いたします。

お楽しみに!

商品情報

※記事内の画像は、開発途中のサンプルを撮影したイメージです。実際の製品とは異なる場合がございますのでご了承ください。
※各発売予定等は予告なく変更になる場合がございます。

(C)東映
(C)2020 テレビ朝日・東映AG・東映
(C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映
友達に共有する

関連トピックス