仮面ライダーおもちゃウェブ

バンダイ公式仮面ライダー玩具情報サイト

更新日:2020年06月01日

仮面ライダー 開発者ブログ

仮面ライダーキバ

CSMイクサベルト 現代モードの独自ギミックをご紹介!

皆様こんにちは。CSM担当フナセンです。

「CSMイクサベルト&イクサライザー」のたくさんのご予約、誠にありがとうございます!
現在2次お届け分の予約受付中で、お届けは11月となります。
真骨彫イクサと同じタイミングになりますので、揃って並べて頂くのも楽しい展示の仕方になるんじゃないかと思います。


さて、本日のブログでは、CSMイクサベルトの「現代モード」に備わった各種ギミックについて細かく紹介していきたいと思います。
DXから大幅な進化を遂げたあらゆる遊びにご注目ください!

① 通常モード・ボイスモード(名護ボイス有り)の切り替えが可能
まず最初に電源ONする際、普通にONするほかに、「台詞ボタンを押しながら電源を2008年側にONする」と、「名護ボイスモード」として起動します。
このモードでは、各攻撃音や必殺技音などに、名護さんの掛け声が付加されます。
最近のCSMシリーズで本人ボイスが入るものには、必ずつけている機能です。


② 押し込みパーツのストロークを改善 

イクサナックルの変身時に手を当てる部分にある、押し込みパーツのストロークを改善しました。
画像のように、DX版と比べて大幅に内部に押し込まれるようになりました。
DX版だとちょっと突っ張って、手のひらが少し痛くなることがあるのですが、CSM版ではほとんど痛みを感じません。


③ 変身前状態のイクサナックル機能 


新規で追加された「台詞ボタン」を使用することで、様々なイクサのなりきり遊びが可能となりました。
(上記画像はBGMボタンの効能は省略しております。)

トリガーの短押しにより、劇中で変身前にも放っていた衝撃波遊びが可能です。
ボイスモードにしておけば、名護さんの「ハッ!」という掛け声とともに衝撃波音が鳴ります。
また、トリガーを長押しすることによって「起動音」が鳴ります。
DX版でも起動音自体は鳴ったのですが、必ず衝撃波音を経てからの発動で、しかも押している間起動音が繰り返されていました。
今回はそこを見直して、長押ししても衝撃波音は鳴らないですし、起動音も1回のみ鳴ります。
服の内ポケットあたりからスッと取り出しながら鳴らすことで、劇中の変身シークエンスのスタートが再現できます。

台詞ボタンは短押しすることで、押すごとに160種類以上の台詞を順番に鳴らしていきます。
台詞数は膨大なので、今回もギャレンに続き「台詞スキップボタン」を付加しました。
といってもボタンを新規で増やしたわけではなく、フエッスルを押すための4つ並んだボタンが、ベルト装着前だとお暇になっているので、ここにその役割を付加したというわけです。
1回押すごとに20個の台詞をスキップします。

そして台詞ボタンを長押しすると、イクサの様々な変身パターンを選択することが可能に!
ボタンを長押ししていると、BGMスタンバイの操作と同様に、複数回のスタンバイ音声が鳴っていきます。

(台詞ボタン押さない)⇒イクサ セーブモード変身音

(台詞ボタン長押し1)⇒イクサ セーブモードからバーストモードまでの一気変身音

(台詞ボタン長押し2)⇒ライジングイクサ直接変身音(40話ver.)※イクサ、爆現!のシーンの音声です。

(台詞ボタン長押し3)⇒ライジングイクサ直接変身音(40話ver.)※フィ・ス・ト・オ・ン・ラ・イ・ジ・ン・グと続けてなる音です。

(台詞ボタン長押し4)⇒ライジングイクサ直接変身音(最終話ver.)※ラ・イ・ジ・ン・グのみが鳴る音です。

全部で5バリエーションの変身音を鳴らすことが可能です!


④ 変身待機中のイクサナックル機能

変身待機音中は、台詞ボタンを押すことにより名護さんの「変身!」の掛け声を鳴らすことができるのは、いつものCSMの手法と同様です。
ただし、「魑魅魍魎跋扈する、この地獄変・・・名護啓介はここにいる。」「この体、そのすべての細胞が、正義の炎に燃えている。」の台詞を再生させた直後に変身待機音を鳴らしていた場合は、この台詞ボタンによる掛け声は「イクサ、爆現!」に変化いたします。

そして今回付加した面白いギミックは、「腕を振る効果音」です!
待機音中はトリガースイッチが空いているので、あのイクサナックルを外に振る際の「ブンッ!」という効果音を、待機音と平行して鳴らせる役割を加えました。
これでより臨場感のある音声の元、変身遊びを行うことができます!


⑤ 変身後状態のイクサナックル機能

セーブモードに変身していた場合、トリガーを短押しすることで、「バーストモード変化音」を鳴らすことが可能です!
さらにトリガーを長押ししていた場合は、イクサ初変身シーンで描かれた、「大きな爆発を伴うバーストモード変化音」を鳴らすことができます!
加えてボイスモードであれば、バーストモード変化音の直前に名護さんの声で「ファンガイア、その命、神に返しなさい。」も鳴り、臨場感も抜群。
声にも変身後のエコーが掛かっています。(順番に再生される台詞も、劇中で変身後に発せられたものであれば、エコーがすべて掛かっています。)

台詞ボタンとトリガーボタンを同時に押すと、「変身解除音」が鳴ります。

台詞ボタンの短押しは、変わらず台詞を順番に再生していくのですが、長押しした場合は「ラ・イ・ジ・ン・グ」の音声が鳴り、イクサナックル側が「ライジングイクサ変身状態」の認識になります。
※ライジングイクサ直接変身をしていた場合は、この操作をせずとも「ライジングイクサ変身状態」です。
直接変身でなくてもボタン操作でそのように出来るようにしたワケは、イクサライザーでライジングイクサに変身した際、本体側もライジングの認識にしなくてはならないため、自主的にボタン操作で状態を合わせられるようにいたしました。

「ライジングイクサ変身状態」では、カリバーフエッスルを読み込んだときの必殺技音が、ライジングイクサバージョンになります。
さらに変身解除音も第30話で見せた専用の音声に変化するという点を拘って入れております。

また、画像には載せていませんが、「変身後状態」でナックルをベルトから外した状態で、変身時に押す中央ボタンを押すと「物理打撃音」が鳴るようにいたしました!
これは、イクサナックルで直接殴ったときにちょうどこのボタンが押されるかたちになるので入れてみました。
普通なら自分の声で「デュクシ!デュクシ!」と言うところを、この音声があれば言わなくて済みます。
ただ、実際遊ぶときは他人をイクサナックルで殴るのは絶対やめてくださいね。自分の二の腕などに当てて楽しんで頂きたいです。
ボイスモードではやはり名護さんの掛け声が合わさって鳴ります。


⑥ フエッスルの音声
各フエッスルを読み込むと、劇中の演出と同様の効果音が鳴ります。
パワードフエッスルを読み込めば、パワードイクサ―の可動音が結構長めの尺で鳴り響きますし、 上記で触れたカリバーフエッスルの必殺技音も、劇中の音源そのままに、ノーマルイクサとライジングイクサで分けた音声になっています。
(ライジングイクサでのイクサ・ジャッジメントは、演出上フエッスルを読み込ませずに発動していましたが、玩具仕様上ではフエッスルを読み込ませての発動となります。)

そして3つのフェイクフエッスル。
劇中ではガルルフェイクのみを読み込ませましたね。
キバの武器を奪い取るという効果がありますので、今回はその表現のため、劇中と同じように、効果音とともにキバットの困惑した台詞「え!?あ、なんで?? あーー!!!あのバカオオカミ!」という台詞が鳴るようにしました!
もちろん、杉田智和さんの声です。(キバット収録時にこちらも録らせて頂きました。)
バッシャーフェイク・ドッガフェイクは劇中で使用されなかったのですが、同様に困惑するキバットの台詞をそれぞれに付加しています。
ちなみにキバットの声が鳴らない、効果音だけの音声も収録しており、1/2の確率でどちらかが鳴ります。


本日のブログは以上です。
次回更新は6/8(月)です。
次回は過去モード特集です!

それでは!

商品情報
友達に共有する

関連トピックス