仮面ライダーおもちゃウェブ

バンダイ公式仮面ライダー玩具情報サイト

更新日:2021年05月11日

仮面ライダー 開発者ブログ

仮面ライダーアギト

オルタリング成型試作品の紹介


みなさんこんにちは。フナセンです。

ゴールデンウイークが明け、工場からオルタリングの金型成型試作品が届きました!
本日はそちらを紹介しようと思います。





まずこちらの画像はトライ品と呼ばれる、金型で実際に成型した試作組み立て品です。
未塗装の成型色ですが、CSMはDXよりもパーツを細分化しているため、成型色だけでもオルタリングの基本的な色分けを再現できています。 



裏面も、以前設計図だけ公開していましたが、実際だとこのようになります。
まだ電池フタなど一部にシボ加工がされていませんが、最終的には全面がシボ加工されることで安っぽさが消える見込みです。


このトライ品の状態を細かく見ていき、形状が設計データに対して崩れていないか、金型の傷は無いか、成型は歪んでいないか、ヒケはないか、操作力に問題が無いかなどを確認します。
さらに実際に巻いて飛び跳ねたり走り回ったり、果ては床に叩きつけたりして強度の確認も行ったりします。
(ただしCSMは対象年齢3才以上のDXと違って15歳以上の商品なので、強度の基準を下げて外観の再現度を優先したりもしてます。)

修正すべき箇所を1つずつリストアップし、工場に共有。
工場は修正反映をして再度サンプルを作成する、ということを数か月かけて複数サイクルを繰り返し、徐々に改善箇所を積み重ねて完成に近づけていきます。
(設計構造上の理由や、生産時の樹脂流動性の問題で解決できない箇所も中にはあります。)


そして下記は、トライ品に工場で塗装をしたものです。





予約ページにある画像は、設計完了後に光造形という、いわゆる3Dプリンターで出力した1点ものに塗装したサンプルを撮影したものです。
塗装も日本で行っているのですが、上記の画像は実際に工場で塗装したサンプルになります。
1発目ながらかなり良い塗装が出来ていると思います。
ここから、微妙な色味の調整や、塗装のはみ出し箇所・または塗り足りない箇所を見つけて改善していく、という作業を行います。




ドラゴンズネイルの塗装もイイ感じです。

ドラゴンズネイルはDXのそれと異なり、プロップの造型を再現したため、3か所のベルト引っ掛け部分だけが後方に極端に伸びた、下記画像の造形になっています。 





DXだと、オルタリングの金色の部分まで覆ってしまうような大きなカバーパーツになっていますが、CSMはプロップの形状を再現したため、上記のような造形になりました。
対象年齢が3才以上だと、この造形では強度的に心許ないので出来ないのですが、15歳以上を対象とした商品だからこそ、プロップ形状を追求してこういったデザインにすることが可能となるのです。
3本の赤いツメも、DXだとここまで尖らせることはできないですね。 (一応この商品でも、触ってもそんなに痛くないように先端は少し丸めています。)


オルタリングはこのようにして外観を仕上げていきながら、現在音声プログラムの開発も継続しています。
9月発売に向け、引き続き良い物を目指して取り組んでいきますので、楽しみにお待ちください!


本日のブログは以上です。 次回更新は5/18(火)です。
この日はいろいろご紹介できることがありそうですよ。

それでは!


【プレミアムバンダイ予約受付中商品はこちら】

商品情報

商品情報
友達に共有する

関連トピックス