スーパー戦隊おもちゃウェブ

バンダイ公式スーパー戦隊玩具情報サイト

更新日:2017年12月15日

スーパー戦隊 開発ブログ

戦隊ブログvol.31  戦隊職人ウォンタイガー:彩色の魅力!

みなさんこんにちは!戦隊玩具開発チームのN野です。
今週も引き続き、戦隊職人版「DXウォンタイガー」について取り上げます!

今回お伝えしたいのは、進化した「彩色」の魅力について。

商品ページでもご紹介しているとおり、ウォンタイガーには数々の追加ディティール・追加彩色が施されています。その中でも「ここは!」という箇所を選りすぐり、当時版と戦隊職人版の塗装試作を比較しながらお伝えしていきます!
 
まずはウォンタイガーの「顔」!

顔まわりで最も特徴的なのは、当時版で成型色そのままだった口の中や歯の部分に塗装が施されていることです!
特に口内の黒彩色は範囲が大きいこともあり印象がガラッと変わったほか、発光部の周囲が暗くなることで、LEDの光がより際立つという効果もございます!

うむ…、カッコいい。。。

その他、額部分のゴールドメッキ部分も、金の範囲を劇中デザインに合わせて変更しています。

ビカビカにメッキされている当時版も迫力があってなかなか魅力的ですが、やはり劇中のイメージに沿った戦隊職人版はしっくり来ますよね。
 
続いては「腰!」
腰回りも細かく黒彩色が入っていたり、中央のレリーフが大きく造形化されたりしているのが見所です。

黒ラインは見た目の印象をグッと締めてくれるので、有ると無いでは大違いですよね。
当然ながら、表面だけでなく裏側まできっちり彩色が入りますのでご安心ください!

最後は、やはり最も印象が変わったであろう「背中」です!

当時版ではグレー一色だった背中に、情報量満載の造形が追加されています。表側だけでなく裏側にもこだわりを反映させることで、360°どこから見ても進化した「ウォンタイガー」が成立しているのではないでしょうか…!?

製品としてお届けできるのはまだまだ先になりますが、「DX大連王」と並び立つときを楽しみにお待ちいただけると幸いです!
ちなみに現在までのリクエスト応募状況は、天宝来来の玉プレゼントの「2500個」まであとほんの少しのところまで来ております!(本当にありがとうございます!)

引き続き、応援のほどどうぞよろしくお願いいたします!!

という訳で、今週はここまで。来週は年内最後の更新! 12月22日(金)に記事をUP予定です。お楽しみに。
 
『#戦隊職人』でつぶやこう!! 
戦隊職人に対するご意見やご要望、商品化希望は、ぜひ「#戦隊職人」のハッシュタグをつけてtwitter等で発信してください!すべてのご意見を反映することは難しいのですが、皆様の声に支えられて、商品はきっとより良いものになっていきます!

スーパー戦隊アイテム 新商品発売スケジュール 
【プレミアムバンダイ限定商品】
商品化決定!戦隊職人 DXウォンタイガー

 
※記事内の画像は、開発途中のサンプルを撮影したイメージです。実際の製品とは異なる場合がございますのでご了承ください。
※各発売予定等は予告なく変更になる場合がございます。

 
スーパー戦隊おもちゃウェブTOPへ戻る

©東映
©2017 テレビ朝日・東映AG・東映

友達に共有する

関連トピックス