BANDAITOYS

更新日:2022年06月24日

トピックス

重甲した戦士たちよ、入力せよ!「インプットマグナム COMPLETE EDITION」予約受付中!


みなさんこんにちは。インプットマグナムの玩具企画開発担当のY太です。

「ビーコマンダー COMPLETE EDITION」をご購入いただいた方は、お手元に届き始めておりますでしょうか?
こだわり抜いた外観や何度も重甲して楽しめるプレイバリューをぜひ手に取って感じていただければと思います!

そして、ビーコマンダーで重甲した方も、重甲はしていない方も、「重甲ビーファイター」のCOMPLETE EDITIONの第2弾として、本日2022年6月24日(金)に「インプットマグナム COMPLETE EDITION」が予約開始されました!



今回の開発者ブログはその商品について、詳しく皆さんに知っていただきたく、商品のこだわりポイントを取り上げさせていただきます。


【プロップをベースに素材もこだわり抜いた究極の外観】
インプットマグナムは、当時番組で使われていたプロップは玩具の外観が部分的に異なるため、今回はゼロから段階的に設計を進めています。

① 当時の玩具サンプルをベースにゼロからラフ設計。
② ラフ設計データを当時のプロップ多面画像の上にトレースして確認し、プロップとバランスが異なる箇所を調整。
具体的には、プロップを参考に銃身を長くしてより「銃感」を出し、グリップの形状を調整し玩具っぽさを軽減しました!

当時のDX玩具の時点で、既にスタイリッシュな造形でカッコイイのですが、それをプロップにより近くなるよう外観造形を行いました。
また塗装面においては墨入れを行い、劇中プロップにより近いクオリティを追及しています。



今回、「インプットマグナム COMPLETE EDITION」を商品化するにあたりこだわったのが、当時のDX玩具で採用していない素材に変更することで、手に持った時の存在感を大事にしたところです。

■素材感と重量感が増す「ダイキャスト」に変更
→印象的なリング部分やトリガー、グリップの底パーツなどポイントとなるパーツに使用することで、手で触れた時の素材感、銃アイテムとしての重量感を演出しています。



■「キーボード」をラバー素材からプラスチック素材に変更
→当時のDX玩具では「ラバー素材」だったキーボード部分をプロップに寄せた「プラスチック素材」へ変更!
ボタンの押し感のカチッと感を生み出しました。



また、今回も専用台座を付属しております。
遊ばない時はカッコよく飾って眺めて楽しむのも一興です。
「ビーコマンダー COMPLETE EDITION」と一緒に並べて飾ることもできるように、台座の成型色のカラーやデザインのトンマナを統一しています。



【劇中再現+玩具遊びとして楽しめる4つのモード】
ここまで、外観デザインや素材について書かせていただきましたが、ここからは実際の遊びについてです。
今回のCOMPLETE EDITIONとしてのプレイバリューを考えた時に、3つのことを意識しました!

① 27年前に当時の玩具で遊んだ記憶や思い出をまた遊ぶことで思い出してもらうこと。
② 当時観ていた劇中で発動する本物の音をしっかり鳴らして進化した「なりきり」遊びを楽しめること。
③ ただの復刻ではなく、今だからこそできる新しい遊びを追加して、新たに「重甲ビーファイター」の世界観を楽しんでもらうこと。

この3つの企画担当としての思いを4つのモードに落とし込んで作ってみました。
1つ1つ紹介させていただきます!

1、復刻モード
子供の頃、「サウンド入力銃 インプットマグナム」を買ってもらって遊んでいた記憶がある方も少なくないのではないでしょうか?(実は私もその1人です!)
今回は当時の遊びごたえ十分な音声ギミックをそのまま遊べるように、これまたイチから復刻作成しました。
当時の玩具に搭載していた音声データも古すぎて残っていないため、当時の玩具サンプルから鳴る音声をデータ化、調整を行い、新たに搭載しました。
3桁のコマンド入力で1000通りを超える玩具SEの組み合わせが発動する当時の玩具遊びで昔を思い出しながら楽しめるモードとなっています。



2、劇中モード
この27年間で「なりきり玩具」は進化をしています。現在の「なりきり玩具」では「劇中演出SE」=「玩具SE」ということが実現していますが、当時の玩具は玩具オリジナルSEとなっています。
それを脳内補完して楽しんでいましたが、今回はその劇中演出SEと玩具SEのギャップを無くして楽しめるモードです。
さながら自分がブルービートになりきって、より没入して遊べるモードです。

そして、このモードでは全17コマンドに対して紐づくSEを新規作成しています。
各コマンドは以下パターン のいずれかに紐づいた形で搭載しています。

パターン① 劇中演出されているコマンドのそれぞれのSEを改めて作成して再現
→例)「110:ビームモード」「818:高熱火炎弾」「010:冷凍ビーム」など。
パターン② 超全集などの設定上存在するが、劇中未登場のコマンドのSEをゼロから新規作成して搭載
→例)「305:トリモチ弾モード」「049:救難信号モード」「264:閃光弾モード」など。
パターン③ 劇中演出されているが、コマンド設定が無いSEに新たにコマンドを設定して搭載
→例)「092:煙幕弾」…「もくもく(09×2)」で設定
  「704:メディカルモード」…「なおし」で設定
  その他のコマンド設定ルールと同じように語呂合わせで新たに設定追加しました。



これらを搭載することで、当時の劇中演出のように遊べるだけでなく、新たに追加したSEやコマンドでCOMPLETE EDITIONとしての新たなプレイバリューを追加しております!



3、ブルービートモード
劇中モードのSE演出に加えてコマンドを入力する時や銃撃SE発生時にブルービート(甲斐拓也役:土屋大輔さん)のボイスが発動するアツいモードです!
今回も「ビーコマンダー COMPLETE EDITION」同様に、土屋大輔さんに新規収録させていただきました。
ぜひ商品でボイスを聞いてもらいたいのですが、自分の隣にブルービートがいて一緒に戦っているようなワンシーンを体感できるモードになっていると思います!
前回の音声収録もさることながら、27年の時を経ても変わることないブルービートの熱いボイスはあたかもこの長い間も実は世界のどこかでビーファイター達は平和を守って戦ってくれていたんだ!と思うほどで、実に胸が熱くなりました。

また、実は劇中で同じコマンドでも2個以上の呼称があるモードが存在するため、その場合は全て採用して、コマンドを入力するごとに交互に鳴るようなプログラムにしました!
例)コマンド「010」を1回目入力→「冷凍ビーム!」、2回目入力→「絶対零度冷凍弾!」と交互に鳴る。

4、ミッションモード
企画担当として一番のプレイバリューはこのモードだと思います!
当時できなかったこと、今だからできることを搭載した、さらに重甲ビーファイターの世界感に没入できる特別仕様のモードです。
自らがインプットマグナムを手に取り、ブルービートと一緒に戦っているような「大人のなりきり玩具」として、何度も遊びを楽しめます!



遊びの詳細は…ランダムに出されるブルービートからの指示に対して、入力するコマンドによって音声フローが分岐します。
正解コマンドで正しいフローを楽しむことはもちろん、失敗フロー(指示されているコマンドと異なる入力をした場合)もそれぞれ呼応したブルービートの音声が発動するので、たまにはワザと失敗してみるのも1つの楽しみ方です!
このミッションモードは、劇中でインプットマグナムを使用したシーンをオマージュした本商品限定のオリジナルフローを9つ収録しています!
これを機に番組をまた観ながら楽しんでいただければと思います!


【おまけ:PKGイメージについて】
最後にもう1つだけお伝えしておきたいことがあります!
まだ作成中のため仮イメージとなりますが、PKGは「ビーコマンダー COMPLETE EDITION」と横並び繋げて飾れるようなデザインを考えています!
特別にイメージ画像を貼らせていただきます!



「インプットマグナム COMPLETE EDITION」は、7月21日(木)23時まで予約受付中です。
状況によっては早期に受付終了となる可能性もございますので、ぜひお早めに!

さらにバンコレ!でも「重甲ビーファイター」関連商品を予約受付中です!
詳細は以下をチェック!





商品情報
友達に共有する

関連トピックス