COMPLETE SELECTION MODIFICATION

開発者ブログ

更新日:2020年07月06日

仮面ライダー 開発者ブログ

仮面ライダーキバ

本日CSMイクサベルトの予約締め切り!フエッスルの挿入音ギミックをご紹介


皆様こんにちは。フナセンです。

本日7/6(月)は「CSMイクサベルト&イクサライザー」の予約締め切り日です!


昨日、BANDAI SPIRITS コレクターズ事業部主催でWEB上にて開催された
「TAMASHII Features 2020」にて、ゲストの武田航平さんに現時点の商品サンプルを触って頂きました。
下記からアーカイブ動画が見られますので、ぜひご覧ください!
https://www.youtube.com/watch?v=cUW9MSBVWbM

映像内のイクサベルトは、塗装がほぼ最終に近いもので、ここから細かい部分をさらにブラッシュアップ中です。
映像の光の反射で結構わかりやすく見えていたのが、下記の縞々模様です。



この縞模様は、表面のクリアパーツの裏から縞々を印刷し、そのパーツの奥にシルバーを塗装することによって表現しています。
DXだとスピーカー穴やLEDがあったのですが、プロップではこのように表現されていましたので、それを再現しました。
肉眼で見るとより精巧なつくりが分かって、物の質感の向上に大きく寄与していることが分かって頂けると思います。


さて、これまで様々なギミックをお伝えしてきましたが、告知最後の本日は 「イクサベルト本体」について、まだお伝えできていないギミックをご紹介いたします。
それは・・・
「フエッスル挿入音」を複数バリエーション収録!
というものです。

作中では、フエッスルを挿入するときに音声が鳴りました。
ので今回はイクサベルト本体に「挿入検出」を設け、挿した瞬間に効果音が鳴るようにしています。

ただ、劇中ではその効果音は話数や挿入するフエッスルによりまちまちでした・・・・。
残念ながら挿入時に何のフエッスルを挿入したかを区分けするほどの機能は(本体内部の制約上もコスト上も含め)搭載しておりませんが、電源ONの操作によって鳴らしたい挿入音を選択できるようにいたしました。
それがこちら。 



電源スイッチは、イクサナックルと同様で左右方向にスライドすることができます。
①左側にONすると、現代モードでよく鳴っていた音声の挿入音(ここではAタイプと呼称します。)が鳴ります。
パワードフエッスルやライザーフエッスルなどを読み込むときに鳴っていた音声で、DXでいうと「ナックルを押し込んでフエッスルを読み取ったときの効果音」と同じものです。

ただし、この①の効果音は第13話の音也イクサのときには音程が低いバージョンで鳴っていましたので、②左側に、フエッスルが予め挿入された状態でONすると、挿入音がAタイプの過去バージョンに変化します。

そして今度は反対側。
③右側にONすると、名護イクサがカリバーフエッスルやガルルフェイクフエッスルを読み込んだときのフエッスル挿入音(ここではBタイプと呼称します。)に変化します。
「ピシューン」という音声です。

最後はやや特殊な状況の音声です。
④イクサナックルが過去モードの状態で、「警告音」が鳴ると、フエッスル挿入音が、Bタイプの後に「警告音」が付加された第11話バージョンに変化します。
こちらは、第11話の次狼イクサが、一度警告音が鳴った後にナックルフエッスルをセットするときに鳴った挿入音を再現したものです。
こちらは電源スイッチを左右どちらにしていたとしても、イクサナックルが過去モードであり、「警告音」が発動すれば、すべてこちらに切り替わります。

ほんとに細かな違い&少々ややこしいですが、実際に商品を触ってみて何度か試してみれば すぐに扱いも覚えられると思います。

以上、イクサベルトの最後のギミック紹介でした。
とにかく可能な限り、劇中の演出を再現できるようにし、外観も非常に精巧に作られております。
お値段以上の価値は絶対に詰まっていると、自信を持ってお勧めできる出来栄えになりました。

予約は本日23時まで!ぜひ皆様のご予約をお待ちしております!! 
次回更新は7/13(月)です。

それでは!

商品情報
友達に共有する
© 石森プロ・東映