COMPLETE SELECTION MODIFICATION

開発者ブログ

更新日:2021年09月07日

仮面ライダー 開発者ブログ

仮面ライダーフォーゼ

仮面ライダーフォーゼ10周年記念!なでしこドライバ―が遂に発売!


みなさまこんにちはー!フナセンです。
仮面ライダーリバイス、始まりましたーーー!!
最高に面白い第1話でしたね!今年も楽しい1年になることでしょう。
おもちゃも1年間ずっと楽しめるものになるよう、スタッフ一同心血を注いで開発しています。
映像とともに楽しみにしていてください!

ところでリバイスドライバ―、ちゃんとあなたの元にありますか?
・・・・・・えっ、、無いですって!???



DXリバイスドライバ―は大好評発売中です!50周年記念のスペシャルセットもあります1日でも早く手に入れればその分最終回まで1日でも長く遊べますそう今手に入れれば年間日割りで計算すると1日当たりたったの20円で遊べるということなのですこう考えるとお得ですよねバイスタンプなら1日あたり4.6円ですぜひ今第一話が放送された今手に入れることをおすすめしますまずはベルトだけでも!!!

よろしくお願い致します。


またご購入されて遊んでいる中で、ドライバ―のスタンプ台がナナメになってしまった、ということがたまに起こります。 



こちらは構造上、何度もガチャガチャしているとズレが生じることがありまして、手動で直すことも含めて、仕様としております。
直し方はこちらです。



動かすと45°ずつで「バキッ」とちょっと不安な音がしますが、これはクリックが効いていることの現れであり、悪い負荷が掛かっているわけではございません。
取説にも記載しております。ご参照の上、引き続き楽しんで頂けばと思います。


そしてリバイスは早速主題歌『liveDevil』(Da-iCE feat. 木村昴)のTVサイズ配信も始まっております!! 



これまでの仮面ライダー主題歌に全くなかったテイストで、初変身シーンからの楽曲が掛かったときのカッコ良さたまらなかったですね!
もうすでに10回以上見てます。でも映像だとところどころ歌詞が聞き取れなかったりしたので、ぜひ配信版で曲だけを聞いてみてください。
左から読んでもliveDevil、右から読んでもliveDevil。上から読んでも山本やm
英語の回文ってほとんど知らないのでオッシャレ~と思いました。来週からのオープニング映像も楽しみです!



さてさて、先日9月4日のフォーゼ10周年記念配信で解禁になりました。
DXなでしこドライバー、遂にキターーーー!!! 



10周年を記念した商品として、本当に本当に長い年月を超えて、DX規格での商品化となります。
フォーゼに登場する「仮面ライダー」のベルトは、これでようやく商品化コンプリート!
(ギンガオードライバ―まではさすがに商品化予定はございません。。)

そして実はこちら、女性ライダーの「専用変身ベルト」としては、史上初の商品化となります!

今でこそポッピーやツクヨミ、バルキリーなど女性ライダーの活躍が続いていますが、彼女たちの変身ベルトは他のライダーとの兼用ベルトでした。
純粋な女性ライダー専用ベルトはこれまで商品化されておらず。(直近ではサーベラの専用変身「剣」は発売しましたが、ベルトは今回が初めてです。)
なでしこドライバ―はなでしこ専用かつ、劇場版にしか登場しないという極めて露出度レアな立ち位置でもあったので、(他の例としてはラルクや朱鬼とか。)余計なかなか発売するのが難しい条件でした。
そういうわけで10年前当時に発売する胆力は無かったのですが、10周年だし、この期を逃すともう良きタイミングが無いだろうということで商品化にGOが出て、今日に至ります。

もちろん、先日発売が決まった「友情バーストゴーストアイコン」に端を発する「未商品化アイテムの商品化プロジェクト」の一環でもあります。
友情バーストもおかげさまで、狙っていた目標数量にご注文数が達したので、このプロジェクトも進めやすくなるな、と思っております。
お買い上げ頂いたみなさま、ありがとうございました!

そして今日発表になったのですが、真野恵里菜さんの台詞を奇跡的に収録できました!
スペインにご在住のため、台詞収録は難しいねって社内で話しながら開発が進んでいたのですが、フォーゼ10周年配信の打診で東映さんから事務所さんに確認したところ、「奇跡的に今帰国しています」と回答があり、 Youtubeのインタビューと合わせて収録できました。本当にラッキーでした・・・!

台詞ボタンはフォーゼドライバ―のレバーだった部分の軸位置に、円柱を回すような形でONになるボタンがあり、そこで順番に台詞再生がされていきます。
また電源ON時に「台詞モード」として起動すると、変身音やモジュール出現時にも台詞が鳴るようにしていますので、そこは最近のメモリアル系アイテムやCSMと同じつくりにしています。

なでしこドライバ―はレバーが無いので、赤いスイッチを2つ押すだけで変身となります。
レバーが無い以上「リミットブレイク」はできませんが、劇中でも行っていない(行えない)のでご了承ください。
スイッチはちゃんと着脱できるようになっていて、●と■のスロットには他のスイッチもセット可能です!
音声もちゃんと収録していますので、仮面ライダーなでしこ エレキステイツ(なにそれ?)とかもできちゃいます!もちろん妄想遊びということで。
もろもろ新規造形部分も多いのですが、LEDパネルも下記のようにしっかり「なでしこ」になっています。 



帯は今回、商品画像の通り、フォーゼドライバ―と同じ造形で色替えになっています。
特徴的なナナメ掛けできないかというのはとても注目されていたポイントですが、残念ながらそれは再現できません。
劇中のようにぴったりフィットしたナナメ掛けで固定できるようにすると、両側のベルト帯の造形を最初から途中でカーブしたU字型の造形にする必要があります。
そうすると帯も新規型になるのでお値段も1万円を超えてしまう・・・というのがひとつ。
もうひとつは、カーブした造形を作ったとしても、カーブの位置がちょうど腰の左右部分にピッタリフィットしないといけないので、巻く人によってウエストサイズが異なる以上、それがピッタリ合う人もいれば逆に全然体に合わなくてそもそも巻くことすらできない、という状況が起きてしまうからです。

ので、ナナメ掛けしてみたい場合は各々で創意工夫をして頂ければと思います。オフィシャルで出す物としては、誰でも巻けるようにするのが最低条件です。
延長ベルトをつけてダルっとさせて、右腰側の帯を普通の着衣ベルトか何かで固定するとか・・・、ちょっとなんとも言えませんが、どなたか名案できましたら発信して頂ければと。


そして今回付属するスイッチも目玉になっています。
ついぞ未商品化だった「ゲートスイッチ」「SOLUスイッチ」も、この商品をキッカケに商品化することができました。 



SOLUスイッチはイコールなでしこそのものなので、同梱するにはピッタリのアイテムですね。
当時「コアスイッチ」という超マニアックなアイテムまで発売していたものの、上記の2種は発売されておりませんでした。
これで足掛け10年、アストロスイッチは全種コンプリートとなります!これもやりたかったからこそのDXブランド発売です。
ゲートとSOLUはフォーゼドライバ―には劇中でも挿入していないので、フル塗装仕様にしています。ので、予約ページにも「装填しないでください」の注釈をつけました。
装填することによって生じる擦れ・色落ちについては責任を負いかねますので予めご了承ください。
ちなみに底面のピンも無くなりますので、特に入れる意味も無くなっています。


もうひとつ、「ランチャースイッチ(なでしこスイッチカラーver.)」は、その昔小学館さんから出ていた「仮面ライダーフォーゼ超全集」の応募者全員サービスで一度商品化されていました。
ただ、超全集の応募者限定ということでなかなか存在に気づかなかった人も多かったと思い、今回の商品でも入手できるようにしました。
ただし塗装仕様だけ変更しています。 



超全集版では、今回のSOLUやゲートと同じくDXフォーゼドライバ―への連動を推奨しない形で、全体をシルバーに全塗装されたものでした。
しかしそもそもなでしこスイッチの存在意義は、「メテオなでしこフュージョンステイツ」のベルトを再現するためにあるので、装着できなければ意味がかなり薄れます。
公式から「ちゃんと装着できますよ・再現できますよ」と謳える商品にすべく、今回はシルバー部分を成型色にしています。

ちなみになんでこれだけ「ランチャースイッチ」名義なのかというと、DXフォーゼドライバ―の2つ目のソケットに入れたときに鳴る音声は全パターン割り当てられていて、「無音になる」みたいなことが出来ないからです。
挿すと何らかの別スイッチの名前を言わざるを得ないので、元デザインになっているランチャーのままにしています。
何も鳴らさないためにそもそもスイッチのピンを無くす、みたいなことも一瞬考えましたが、そうするとスイッチを入れても入った認識にならず、右足のLEDが光らないのでダメでしたね。


元になったDXフォーゼドライバ―は、DXベルトシリーズの中でもドライブドライバーに並ぶトップクラスのスペックでした。
検出スイッチ25個&LED5個という化け物じみた仕様であり、これがベースとなるのでDXなでしこドライバ―も検出13個&LED5個と、 実はそれだけで他のいくつかの主役ベルトよりもハイスペックです。
当時のフォーゼドライバ―よりも高くなりましたが、10年前の製造コストで超大量生産していたフォーゼドライバ―と比べて、今の製造コストと少量生産&上記スペックとなる以上致し方ないと思っています。
おそらくフォーゼドライバ―も今再販すると1万円を超えちゃいます。。
発売に至れたこと&真野さんの声を入れられたことが奇跡と言えるので、その価値も含めてぜひお手元に置いて頂きたいです!
特にアストロスイッチを元々コンプリートしていた方はぜひ!!よろしくお願い致します。

本日のブログは以上になります。
次回更新はなんと明日9/8(水)で、今週末発売する 「リバイスリミックスフィギュア」の大特集を行います!
明日も見てね!では。

【プレミアムバンダイ予約受付中商品はこちら】

商品情報

商品情報

商品情報

商品情報
友達に共有する
© 石森プロ・東映