仮面ライダーおもちゃウェブ

バンダイ公式仮面ライダー玩具情報サイト

更新日:2021年11月01日

仮面ライダー 開発者ブログ

仮面ライダーディケイド

シリーズ初の本格リメイク商品、「CSMディケイドライバーver.2」誕生!


みなさまこんにちは。CSM開発担当フナセンです。

本日発表となりました。
CSM最新作は、シリーズのベルト商品30作目を記念した、
シリーズ初の本格リメイクアイテム
「CSMディケイドライバーver.2&ケータッチ」に決定しました!



「CSMディケイドライバー」は2015年2月に発売したシリーズの初期作であり、「ベルト本体に大幅な数のカード識別を追加・BGMの搭載」という、今のスペックへと繋がる、シリーズの方向性を示す第一歩を踏み出した商品でした。
そこから約7年。CSMシリーズは大きく進歩を続けて、 ついにベルト商品として30作目を迎えることができました。

記念すべき30作目を何にするか考えたとき、シリーズの飛躍がわかる、そして潜在的に求められている「初期作のリメイク」を行おうと決め、「ディケイドライバー」を再び作り直すことにいたしました。

リメイクと言えば・・・2019年にダブルドライバーをCSMのイベント「THE HENSHIN」合わせで「ver.1.5」という形で発売しました。
こちらはイベントに合わせた「復刻」商品だったので、音声などの基本仕様は以前の商品のまま。
そのため「2」とは呼べませんでした。 ただせっかくなら少し進歩したものをお届けしたい… ということで、若干の塗装変更とベルト帯を外せるようにと、(あと革が使えないのでナイロンにと)変更し、1.5という数字を名乗ったのでした。

その意味で、今回の商品がようやく「2」を名乗れる「初の本格リメイクアイテム」となります。
中身をイチから作り直す作業をしています。
そしてCSMとして初の商品化となる「ケータッチ」まで付属することで、今時点で出せる“完全版ディケイドライバー”を粛々と開発中です。

ちなみに誤解無きように言うと、これは「ネオ」の方ではなく、「白い」ディケイドライバーです。
ネオは直近でDXの再販もありましたし、油断するといつなんどき通りすがるかも分からないので、あと数年はCSM化しないでしょう。
もうこのベルトで通りすがんないよね・・・?という頃合いまでお待ちください。早く出しちゃうと絶対に後で痛い目を見ます。
最近もケータッチ21というビックリなアイテムが登場し、ゼロワンまでカードが増えちゃうという怪奇現象が起きましたので。

とにかく「白いディケイドライバー」としての完全版を目指して開発中しています。
11/9(火)の詳細発表&予約受付開始まで、もうしばらく楽しみにお待ちください!

本日のブログは以上になります。
次回更新は、明日11/2(火)です。
フィギュア開発担当より、「リバイスリミックスフィギュア」の新商品特集を行います。

それでは!
友達に共有する

関連トピックス